オプション取引

オプション取引はマイナス金利の世の中でも年利120%も楽勝!?

■日経平均オプション取引なら勝てるかも? 追記2020.06.26

 

 

今まで投資をやってきたけど

 

▽株式取引や日経平均先物で、なかなか利益が出せなかった。

 

▽利益は小さく損失は大きく、コツコツドカンの繰り返しでいつも負けてばかり

 

▽株式投資で株式を保有しているが、塩漬け株ばかりで身動きがとれない。

 僅かな配当金だけで、値上がりを待っている。

 

このような方にはオプション取引は最適です。

—————————————————————————-

 

markusspiske / Pixabay

 

■オプション取引なら30万円の投資で毎月3万円の利益が取れる!?

平成30年(2018年)1月から先物オプション取引の必要証拠金が

今までの約半額となり、参入障壁もグッと低くなりました。

 

30万円あれば利益も出しやすくなり、

オプション取引にはとても良い環境といえます。

 

 

30万円の投資で毎月3万円の利益も可能?

3万円というと、たった3万円か~と思うかも知れませんが

30万円の投資額で3万円は月利で10%となります。

 

月利で10%ということは、年利となると120%になります。

30万円の投資で年間36万円の利益!

 

しかも元本はそのままです。

 

 

<利益に対し税金は分離課税となり一律20.315%(所得税15.315%、地方税5%)の

税金がかかります>

 

36万円の利益なら税引き後でも28万円、年利では93%となります。

 

 

銀行に定期で預金していても、利息の高いところでも年利で0.2%です。

 

将来的には銀行にお金を預ける事で利息をもらうどころか

反対に手数料を支払う日が来るかも知れません。

 

実際ネット銀行では紙の通帳はありません。

入金するのにも3万以下は手数料が掛かります。

 

 

毎月3万円可処分所得が増えれば・・・

 

毎月の給料と別に3万円あれば、たまには会社の後輩や女子社員にランチを奢って、

「年中貧乏なセコイ先輩」のレッテルを剥がすことが出来るかも知れません。

 

子どもの塾や習い事の足しにしたり、家計のやりくりに余裕が生まれます。

 

今まで行きたくても我慢していた家族旅行や、会社の飲み会の2次会のキャバクラにも

行くことが出来るかもしれません。

 

消費する事ばかり言ってますが、稼いだ利益は

もちろん貯蓄に回してもいいですし、そのまま再投資も出来ます。

 

使い方はいろいろです。

 

 

 

■オプション取引ってどんな投資ですか?

▽価格の範囲を予測する。

オプション取引は期日(SQ日)の日経平均価格が

いくらになるのかを当てる投資です。

 

▼投資は4種類

・コールは上がる権利  上がる権利を買う、売る

・プットは下がる権利  下がる権利を買う、売る

の4種類となります。

 

権利行使価格は125円刻みに設定があります。

その権利行使価格に投資します。

 

毎月第2金曜日のSQ日に日経平均価格が

18000円以上22000円以下の間だと思うのなら

18000円プットと22000円のコールを売っておけば

利益になります。

 

予測する価格帯の中に入っていれば利益となります。

 

SQ日に日経平均が22000円以上になると思うのであれば

22000円のコールを買っておけば利益になる

 

18000円以下になると思うのであれば

18000円のプットを買っておくと利益になる

仕組みです。

 

日経平均価格がSQ日に投資した権利行使価格よりも

上か下かを当てれば利益となります。

■「SQ日」とは?

SQ日とはオプション取引の指数清算日です。

毎月第2金曜日となります。1年に12回あります。

 

 

先物のSQは3,6,9,12月の年4回です。

 

オプション取引のSQ日は毎月否が応でもやってきます。

SQ日がくればそこでノーサイドとなり

権利行使されるか、権利行使をするか、消滅かとなります。

 

清算指数値は日経平均の金曜日朝一の寄り付き値となります。

 

株式取引と違いこのSQ日があるので

株式投資のように、塩漬けには絶対になりようがありません!

これもオプション取引のいいところです。

 

 

▽相場観と違っても大丈夫

日経平均価格が下がると予想したとして、逆に500円ほど上昇した場合

先物ラージ1枚を売り建てた場合は50万円の損失となってしまいます。

 

しかしオプション取引であれば遠い権利行使価格であれば、

コールオプションを売っていたとしても、

ほとんど値段は変わらないどころか

時間の経過(日数の経過)とともに価格が下がっていきます。

 

さらにSQ日には権利行使価格に到達しない限り

最終的にプレミアム価格はゼロになります。

オプション価格は権利行使価格に到達しなければ

基本的には右肩下がりとなります。

 

オプションのプレミアム価格はこのような動きとなりますので

相場観を外した場合でも利益になりやすい投資アイテムです。

コツさえつかんでしまえばとても簡単です!

—————————————————————–

 

■オプション取引のメリット

1.だいたいの相場観で良い

2.チャートをみなくてもいい

3.予想もしなくていい

4.本業のある方は本業に集中できる

5.上がっても下がっても動かなくても利益になる

 

等メリットがあります。

 

 

■オプション取引の概要

■オプション取引は売り建てて放っておけば

「時間がたてば利益になっている」

という感じです。慣れてくれば証拠金管理だけでOKです。

 

「上がっても、下がっても、そのままでも」利益になります

 

ヤバイかなと思ったらロスカットして

また空いた証拠金分を建てるということを

繰り返していくだけで気が付くと利益になってます。

 

短所というか難点は「ヒマ」ということです。

 

取引時間は

昼は<朝9:00~夕方15:15>

ナイトセッションは<夕方16:30~早朝5:30>

夜間の取引も出来ますので

昼の仕事が忙しい方は「副業」には最適ですよ。

 

投資のルールをマスターすればとても簡単です。

シンプルなコツさえつかんでしまえば

お金を生み出すスキルを手にすることが出来ます。

 

■相場観が分からない

オプション取引は、だいたいの相場感でOKです!

相場観はあってもなくてもどちらでも大丈夫です。

どちらかというと、ないほうがいい場合が多いです。

 

 

あると困るのは「絶対に上がる」「絶対に下がる」という考えです。

「絶対にこれだ!」という思いは、ロスカットが出来ずに

大きな損失を生む可能性があります。

 

 

基本的には相場は誰にも分かりません。

分からないのが相場です。

 

「俺には分かる!絶対にこうなる」という方の言い分は

信用しないほうが得策です!

 

常に正しいのは相場です。

 

ただし仮説は立てたほうがいいと思います。

仮説を立てて検証し、違ったら切る。

また仮説を立てる。検証する。

 

この繰り返しが利益となります。

 

やはり人生と同じ。

地道な努力はなにをやるにも必要です!

 

■オプション取引はこのような方にオススメです

FXや先物取引で利益が出ていない方

▼株式の売買で塩漬け株を保有している方

▼相場の暴騰、暴落でいつも負けてしまう方

▼買った(売った)ところが天井(大底)の先物・株式買い(売り)

トレードばかりしてしまう方。

▼低金利時代での高利回りの資産運方法はないか

▼新しいことにチャレンジしてみたい

▼副業を始めたいけど昼の仕事が多忙で時間もない

 

等々なかなか魅力的な投資アイテムです。

 

■まとめ

 日経平均オプション取引とは  まとめ
 

オプション取引

日経平均価格が将来の決められた期日(SQ日)までに

権利行使価格に到達するかしないかを予測して

プレミアム価格を買い付けるまたは売りつける権利のこと。

SQ日 毎月第2金曜日・祝日の場合はその前日
SQ値 第2金曜日の日経平均株価の寄付き価格
 

権利行使価格

・予め決められた価格。

・上回った場合や下回った場合に保有者が権利を

行使できる価格

・125円刻みで日経平均の近隣価格から上下16本設定。

日経平均の動きにより新規設定される。

コールオプション 買う権利

日経平均が上がるとプレミアム価格が上がる

プットオプション 売る権利

日経平均が下がるとプレミアム価格は上がる

取引時間

 

日中  9:00~15:15

夜間  16:30~5:30

関連記事

  1. オプション取引

    素人が投資で勝つにはオプション取引しかありません!

    <初心者向け>オプション取引の基礎投資を長年やっているけど成果が出…

  2. オプション取引

    オプション取引実践記 11/28 「相場は心理戦」

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 「…

  3. オプション取引

    日経オプション取引の年末年始の営業時間と考え方

    年末年始の日経オプションの取引の営業時間 (さらに…

  4. オプション取引

    始めよう!日経平均オプション取引

    ▼日経平均オプション取引とは今まで株式投資はやったことがあるけど、…

  5. オプション取引

    2018.5月 先物・オプション取引公開<5/31>

    2018.5月のオプション取引明細<5/31> (さらに&hel…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. オプション取引

    日経データ 2018.7月 日経平均・日経先物・移動平均線・SQ値・評価損益等 …
  2. 日経データ

    対価の10倍返し 11/7
  3. オプション取引

    日経データ 2018.7月 日経平均・日経先物・移動平均線・SQ値・評価損益等 …
  4. オプション取引

    オプション取引の用語解説
  5. 投資全般

    先物オプショントレード日記 公開中! 2020.05.14
PAGE TOP