オプション取引

せっかくの含み益を逃さない!利食いのタイミングとは?!

「利食いのタイミングは?」

3844328 / Pixabay

オプション取引をしていると

SQまで待たずに利益が乗る時がありますが

そんな時は、利食いのタイミングに迷います。

 

オプションはエントリーして2~3日で

トータル5万円くらいは利益が出ることがあります。

 

このペースだと10万円くらいはすぐに行きそうだな!

と思っていると、相場が急変して含み益が全て飛んだり、

マイナスになってしまうこともしばしばあります。

 

今回も7月限のコールとプット各2枚ずつを

6//25に売りエントリーしましたが

4日後の6月28日に早々に5万円ほど含み益が

出ていました。

 

それが今週7月1日からの上昇で含み益が

かなり減少しています。

 

売りは利益限定!損失無限大!

 

売りで利益を取っていく場合には

エントリー時点でオプションの価格が

予定利益となります。

 

オプション価格が50円の場合

50円を4枚売り建てた場合

50円×4枚=200円(20万円)

 

200円分のオプションのプレミアム価格がゼロになった場合

20万円の予定利益となります。

売りの場合は利益限定なので20万円が最大利益となります。

 

今回のように5万円の含み益が出ても

「あと15万円もあるしなー」と思い

せめて10万まで利益を伸ばそうと思っていると

 

相場つきが変わり含み益が消えたり

含み損が発生したりします。

 

明日のことが分からないのが相場です

 

含み益が目減りしたり、ゼロになったりすると含み損に

不思議なもので負けた気分になってしまいます。

 

さらに含み益が含み損になってしまうと

もう「今更決済してもなー」となってしまい

なかなか決済できなくなってしまうものです。

 

こうなると、さらに含み損が増えて行くという

負のスパイラルに陥ってしまうことは珍しくありません。

 

利食い、損切りのマイルールを決める!

 

相場はだいたいにおいて思いと反対になることが

多いものです!

 

そういう時のためにも、マイルールを決めて

おくことは重要です。

 

私の利食いのマイルールは「証拠金の5%分の

利が乗ったら利食いをする」です。

 

100万円の証拠金の場合5万円の利益が乗ったら利食いする。

 

月に1回でなくても何度もエントリーできます。

 

私のような零細投資家は回転を効かせたほうが、

より利益を上げられやすいと思います。

 

利益はいくらあっても邪魔にはまりませんが

投資の場合、欲張ってしまい反対に

損することが多々あります。

 

結局は何事も、欲張らないのが
一番成果が出るものです。

 

決済場面で私のような経験をして

利益を取り損ねている人も多いはず。

 

あなたも、利食いの額を決めて

「いくら利益が出たら利食いする」

高回転で稼ぐことをオススメします。

関連記事

  1. オプション取引

    オプション取引を始めるには証券口座の開設から!

    オプション取引をするのには、まずは証券口座を開設しましょう!…

  2. オプション取引

    日経平均・日経先物・移動平均線 速報値 2020.11.30

    ■日経データ・マーケット情報 2020.11月  (さらに&helli…

  3. オプション取引

    実証してみた! 日経オプション取引<50万円の証拠金で毎月3万円稼ぐ>5/29

    実証してみた 日経オプション取引<50万円の証拠金で毎月3万円稼ぐ> …

  4. オプション取引

    本日のトレード<日経オプション取引7月限>6/26

    本日のトレード 日経平均オプション取引 7月限。&…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日経データ

    もうはまだなり
  2. オプション取引

    長期休暇時にはノーポジションがいいですか!?
  3. 日経データ

    2018.8月 日経平均・移動平均線<8/24現在>
  4. 投資全般

    「損切が出来れば自然と勝てるようになる!?」
  5. オプション取引

    先物オプション取引の確定申告について
PAGE TOP