日経平均オプション取引 を超簡単・簡潔に説明すると

目安時間3分

日経平均オプション取引の基本的考え方

投資をやってきたけど

株式取引や日経平均先物で、なかなか利益が出せなかったという人や

仕事が忙しく株価や先物価格のチェックが出来ないという人、

株式を保有しているが、塩漬け株ばかりで僅かな配当金だけで

値上がりを待っている。

 

このような方にはオプション取引は最適です。

しかしオプション取引は権利行使価格が
125円刻みであったり、

コールやプット等聞きなれない単語もあったり
なんとなく、とっつきが悪いというか
取引までが遠い感じがあります。

 

ここではオプション取引の基本的考え方を超簡潔にお伝えします。

 

 

 

 


▼オプション取引を超簡単、簡潔に説明すると

オプション取引の基本は
日経平均価格が来月のSQ日までに

□コールの場合

ここまでは上がらないだろう、という権利行使価格を売る

ここまでは上がるだろうという権利行使価格は買う

プットの場合

ここまでは下がらないだろうという権利行使価格を売る

ここまでは下がるだろうという権利行使価格は買う

これだけです。

 

オプション取引はだいたいの相場観でOKで、
相場観は外れても利益がとれます。

オプションの価格は時間的価値が
価格となっていますので権利行使価格に
達していない場合には
SQ日にはゼロ円となります。

2019.3.29現在
2019年4月限コールの権利行使価格22000円の
オプションの価格は28円です。

4月12日のSQ日に日経平均価格が22000円に
ならなければオプションの価格はゼロ円と
なります。

オプションの価格は基本的には
時間の経過とともに右肩下がりです。

オプション取引は売り方が圧倒的に有利となります。

これだけ覚えておけば
オプション取引の大部分の要素は
網羅しています。

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
人気記事
最も訪問者が多かった記事 3 件 (過去 7 日間)
最近の投稿
カテゴリー
ブログランキング参加中!
kindle本 絶賛発売中!
オプション・先物取引で稼ぐ!

ページの先頭へ