オプションの価格は時間とともに右肩下がり?!

目安時間3分

 

▼「オプションの買いは勝てない」

 

 

オプション取引には優位性がありますが

優位性があれば劣位性も当然存在します。

 

優位性の反対の劣位性、注意点を

書いていきたいと思います。

 

オプションの価格は時間とともに

右肩下がりとなります。

 

日経平均価格が上昇すると思ってコールオプションを

買ったのに、なかなか上がってくれない。

 

相場は上がっているのにオプションの価格は

下がってしまうということがあります。

 

▼オプション価格の動きの特徴は?

 

コールオプションのオプション価格の推移の特徴は

・日経平均が下がる・・・オプション価格は下がる

・日経平均が横這い・・・オプション価格は下がる

・日経平均が上がる・・・オプション価格は変わらず、少し下がる、少し上がる

・日経平均が暴騰する・・オプション価格は大きく上がる

 

このような動きとなり暴騰する以外は、ほとんど負けとなります。

 

プットオプションのオプション価格の推移の特徴は

・日経平均が下がる・・・オプション価格は変わらず、少し上がる、少し下がる

・日経平均が横這い・・・オプション価格は下がる

・日経平均が上がる・・・オプション価格は下がる

・日経平均が暴落する・・オプション価格は大きく上がる

 

となり、暴落以外は買いでは、ほとんど勝ち目はありません。

 

暴騰、暴落は年に何回かはありますが

そうそう来るものでもありません。

 

▼まとめ

 

 

オプションの価格は時間の経過とともに右肩下がりとなり

SQ日に権利行使価格に到達しなければゼロ円になります。

 

オプションは買いのみでは、勝つことが難しい

取引アイテムとなっています。

 

売り方が圧倒的に有利な投資アイテムです!

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
人気記事
最も訪問者が多かった記事 3 件 (過去 7 日間)
最近の投稿
カテゴリー
ブログランキング参加中!
kindle本 絶賛発売中!
オプション・先物取引で稼ぐ!

ページの先頭へ