投資全般

日々是好日 2020.05.03 今週末はSQ日!

 

 

日々の投資に関わる雑感を書き連ねて行きます。2020.05.03

5/3(日)

4月はコロナウイルスの影響で在宅勤務や交代勤務が始まったりで

仕事も相場もアッという間に終わってしまいました。

 

ゴールデンウイークが明けて5月8日は5月のSQ日です。

SQ値は20,000円の攻防でしょうか?

 

日本市場は5月6日まで休みとなりますが、海外市場は毎日開いています。

海外市場が大きく動く可能性もありますので、ノーポジションとしています。

 

 

日産平均は3月に悪材料を先取りした形となり

4月末には2か月ぶりに20,000円を回復しました。

必要証拠金は5月7日ナイトセッションから現行の123万円から117万円に下がります。

 

 

今週8日はアメリカ雇用統計です。

大きく動く可能性もありますのでポジションは出来るだけ抑えておいた方が無難です。

 

まだまだコロナの影響は長引きそうな感じです。

<手洗いとうがい>はこまめに必ず行いましょう。

 

 

投資にも言えることですが「自分の身は自分で守る」ことが大切です!

 

それではよい休日を!

 

 

 

———————————————————————————

 

4/18(土)

日経平均の乱高下もやっと落ち着いてきて来週の20日から必要証拠金が下がります。

3月30日~の163万円が直近の最高額となりました。

3週連続の見直しで

4/6~ 135万円

4/13~ 132万円

4/20~ 123万円となります。

 

世間はコロナ一辺倒となっています。

今日で国内感染者は1万人を超えたそうです。

 

一刻も早く終息してほしいものですが、それには接触人数を減少させることしかありません。

私たちに出来ることは、「とにかく外出を控える!」

一人一人がその認識を持って行動するしかありません。

 

 

外出を控えて時間が空いた時に何をするのか?

その過ごし方でコロナ後の世界は変わってきます。

 

とにかく第2領域を意識して実践しましょう!

第1領域:緊急かつ重要(クレーム処理等)

第2領域:緊急ではないけれど重要、将来にむけた行動(読み書き、発信等)

第3領域:緊急性はあるけれど重要ではない(電話対応、メール返信等)

第4領域:緊急でも重要でもない(テレビ、動画観賞等)

 

 

—————————————————————————

3/28(土)

3月30日ナイトセッションよりSPAN証拠金の見直しにより

必要証拠金が先物ラージ1枚当たり1,620,000円に上昇します。

 

3月に入ってこれでナント6回目の見直しとなります。

2019年の10月に見直されて66万円から72万円に上昇してから2020年の2月までは

見直しがなかったのですが2020年の3月に入ってから一気に上昇して3/30からは

先物ラージ1枚あたりの必要証拠金は<162万円>となります。

 

先物・オプション取引は注意が必要です。

枠いっぱいで取引していると、追加証拠金発生となります。

追加証拠金は含み益が出ていても発生することもあります。

 

私のような零細投資家は証拠金との闘いでもあります。

 

SPAN証拠金は日経平均の1日の値幅が大きくなると見直されます。

ここ最近の相場のように乱高下が激しく1,000円以上の上昇や下落があれば

証拠金は上昇します。

上げても下げても上昇します。

 

相場が落ち着いてくれば、また直され証拠金も下がります。

 

相場が大きく動くときは、様子見がいいといい言われます。

「嵐の海では泳がない!」といわれます。

嵐の海で泳ぐとケガ(損)しやすいという意味です。

 

しかし反対に「ボラが大きい時のトレードは儲けやすい!」

「今やらなきゃいつやるの?」といった声もあり賛否両論です。

 

私の場合は、今は最小枚数でトレードして、生き残っていきたいと思っています。

 

資金管理さえ適切に出来れば<小リスクで大リターン>を狙うことも可能な相場です。

 

 

—————————————————–

 

 

 

3/26(木)

 

本日ナイトセッションよりSPAN証拠金の臨時見直しで証拠金がアップします。

追証発生に注意して下さい!

 

3/26~ 1,560,000円

3/23~   1.530,000円

 

※必要証拠金 先物ラージ1枚を売買するのに必要な価格です。ミニは10分の1となります。

 

————————————————————————

 

3/21(土)

 

日経のマーケットは3連休中。

〇ニューヨーク市場の3/21終値

ニューヨークダウ 19,173ドル▽913ドル

日経平均CFD   17,192円+639円

為替ドル円     110.939円/ドル

原油先物     23.67ドル

 

〇SPAN証拠金

3月23日ナイトセッションより1,530,000円に上昇

(現行1,380,000円)

先物ラージ1枚当たりの必要証拠金となります。

 

 

——————————————————

 

昨日は春分の日で祝日。今日お墓参りしてきました。

新型コロナウイルスの収束の見通しは、まだまだの様相を呈してきています。

 

街中も人は少ないですね。全然お金が回っていない状況です。

 

公式なイベントの自粛や中止と個人的なイベントの花見、歓送迎会、飲み会、外食、旅行もなく

お金を使わなくなり個人的な支出は減りますので、家計的には一時的には余裕があるようになります。

 

しかしこれが長引くと不況に陥り給料やボーナスが減少し、収入が激減してしまいます。

さらにオリンピックの動向でも大きく影響されます。

 

個人消費に関しては一度財布の紐を締めてしまうと、コロナウイルスが収束しても

以前のように消費なくなる可能性もありますので、経済にとっては厳しいと思われます。

 

政府の現金給付案も、もらっても使うところがないとどうしようもありません。

 

以上私の勝手な雑感でした。

 

 

 

 

 

3/18(水)

日経平均は3年4か月ぶりに17,000円割れとなりました。

3/9の月曜に20,000円を切ってから7営業日で3,000円以上下落しています。

 

3月のSQ値は17,052円となり幻のSQかと思われましたが、SQを通過しても

収まる気配はなく17,000円割れとなっています。

 

3/18現在

25日移動平均線かい離率-20.8%

日経VI先物 55.96と歴史的水準で推移中です!

 

必要証拠金は3週連続で上昇し、今週の3/16からは1,380,000円となっています。

昨年からみると実に2倍になっています。

追加証拠金に注意です。

私のような零細投資家は常に証拠金枠を見ながら細々ととしたトレードになります。

 

 

 

トレードの方は2月からミニ先物を2枚~3枚細々と売りつないで、利益となっています。

ボラが大きいので逆指値に掛かりやすいのですが、それも必要経費と割り切って腹八分トレードを

心掛けています。

 

オプションはプットの10,000円以下の権利行使価格で下方向のポジションを保有中です。

買いが8枚売り4枚です。

 

 

オプションの権利行使価格は日経平均の値動きによって「新規設定分」が増加します。

今日も17,000円割れていますので新規設定の権利行使価格が出てきます。

 

 

私の経験則では「新しい権利行使価格が設定されたら、順張り」です。ということは「まだ下は終わらない!」

ということになります。

しかしトレードに決めつけは危険です。恐る恐る打診を入れながら、地道に稼いでいきましょう!

 

 

 

 

3/11(水)

日経平均は乱高下

一日の値幅が大きな日が続きます。

 

昨日のナイトセッションでも日経先物は

安値19020円 高値20190円と1000円幅で動いています。

ここ最近のリズムはナイトセッションで大きく動いています。

 

今週の金曜日はSQ日です。

今月は先物も含めメジャーSQとなります。

着地点は予想がつかないです。

 

 

一段下げもあり一段上げの可能性もあり。

ここ何か月か続いています「幻のSQ」といわれる価格になりそうな気がします。

 

まだまだ油断出来ない状況に変わりはありません。

高くなろうが安くなろうが、どちらに転んでもいいように準備しておくだけですね。

 

 

下げ相場の時は「資金管理」と「証拠金管理」と「ロスカット」をきちんとやれば

これほど取りやすい相場はありません。

私的にいつもやられるのは「上げ相場・上げ一貫相場」の時です。

 

 

値動きが大きいと儲かりそうな気がして、ついついエントリーしてしまいがちですが

裏付けのないエントリーや一発逆転を狙った口座への入金は一番危険です。(コレ昔の私です)

 

 

さて保有していたFXのメキシコペソ円は知らないうちにロスカットされていました。

結構な額の損失となってしまいました。(泣)

300千円入金して現残高37千円となってしまいました。

 

ほったらかしではやはりダメでした。

なんやかんやいっても円は強いようですね。

 

 

【儲ける工夫より損しない工夫】を徹底すれば知らないうちに資金は増えていることが多いようです。

 

 

それではまた!

 

 

 

3/6(金)

やはり3日新甫は荒れるのか?

日経平均は579円安の20749円で終わりました。去年の9月14日以来の21000円割れとなっています。

3月に入ってからの1週間では393円安となりました。

 

新型コロナウィルスは終息どころか、まだまだこれからという声も出ています。

世界的に影響が出てきています。

 

相場よりも経済活動への影響の方が心配です。

例えばプロ野球は無観客試合で実施しても、チケット収入やグッズ売り上げがないと

放映権料だけでは全くの赤字となるでしょうし、映画館も密閉空間で危ないとなると

映画館に出かけて鑑賞することもなくなりますし映画製作にもかなりの影響が出ます。

 

その他死活問題の業界も多いのではと思います。

 

トレードの方は日経先物の売り中心で少額ながら地道に利益を上げられていますが、

スワップ狙いで保有中のFXが気が付くとヤバいことになってました。

 

3/6現在

メキシコペソ円 買い4ロット 買い値5.744 損益 -167千円

そろそろロスカットになりそうです。

 

 

手洗いはこまめにやりましょう。

 

それではよい週末を!

 

 

 

3/2(月)

今日から3月相場に突入です。

 

日経平均は201円高の21344円で引けています。6営業日ぶりの上昇となり日足は陽線となりました。

高値21590円の440円高までありましたが引けにかけ売られました。

 

2/20の23479円から2/28の21143円まで実に5日間で2300円余り下げています。

 

今日のナイトセッションから証拠金が大きく上がっています。

2月28日まで720,000円

3月2日からは1,020,000円と30万円上がっていますので追証には注意して下さい。

 

先の見えない暴落となっていますが、大きく動く時はついつい取引したくなりますが

「嵐の海では泳がない!」ことが最良です。

 

遭難(退場)してしまわないように慎重な行動が必要です。

とにかく損切は躊躇なく。

 

『損切は迅速に!利食いはゆっくりと!』という諺もあります。

 

とにかく生き残りましょう!

 

3月相場のスタートは2日からとなりました。

「2日新甫は荒れる」というアノマリーもありますので重ねて慎重にいきましょう!

 

 

 

 

 

——————————————————————

 

▼オプション取引にオススメ!


【鉄則!日経オプション秘伝の書】
リスク管理を徹底しながらも、勝率89%で月利10%、
1年で資金を2倍にした日経オプションの投資法をマスターして、
経済的、精神的に豊かな生活を手に入れる方法を伝授します。

 

————————————————————-

 

口座開設はこちらからどうぞ!⇒

 

———————————————————————————————no

関連記事

  1. 投資全般

    オプション取引「カレンダースプレッド」で手堅く利益を出す

    「カレンダースプレッド」で手堅く利益を出す (さらに&hellip…

  2. 投資全般

    空売りを超簡単に解説すると!

    空売りとは?投資をする上で絶対に欠かせない「空売り」…

  3. 投資全般

    暴落で気を付ける指数とポイント!

    トレードをしていると年に何度かは暴落を経験します。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日経データ

    2020.2月 日経マーケット情報
  2. SPAN証拠金

    先物・オプション取引のSPAN証拠金額 7/6~下げ!
  3. 日経データ

    明日SQ日
  4. 日経データ

    2019.11月 日経マーケット情報
  5. オプション取引

    オプション取引実践記 12/10 「儲かるビジネス4原則とは?」
PAGE TOP